薄毛、AGAの悩み解決 自毛植毛専門クリニック

[東京・大阪]自毛植毛で薄毛・AGAの悩みを解決|紀尾井町クリニック

当院について

柳生院長が、国際毛髪外科学会(ISHRS)の2015-2016年President(会長)に就任しました

国際毛髪外科学会(ISHRS)の会員総会で次期会長としてスピーチする柳生院長


国際毛髪外科学会(ISHRS)の会長Sharon Keene博士(2014~2015年)(前列中央)と幹部会のメンバー


国際毛髪外科学会(ISHRS)の理事会の顔ぶれ



会員総会で檀上の柳生院長


会員総会での柳生院長


 


 

2015年9月12日、第23回国際毛髪外科学会(ISHRS)の会員総会で、紀尾井町クリニックの柳生院長が、2015~2016年のISHRSのPresident(会長)に就任しました。
国際毛髪外科学会(ISHRS)は、1993年にアメリカで設立された歴史のある学会で、本部はシカゴにあります。

国際毛髪外科学会(ISHRS)は世界最大の自毛植毛専門の学会で、非営利的組織の学術団体です。世界70ケ国から約1,200人以上の自毛植毛専門医が会員に登録しています。世界中の薄毛に悩む方々に、最高の治療結果を享受していただくことを最大の使命とする、医学の学会です。世界中の薄毛に悩む患者さん方の利益を守り、安全な手術と、医療の倫理と、教育、科学の発展に貢献するために、世界規模で常に活動しています。

国際毛髪外科学会では、過去23人の会長のほとんどがアメリカ人でした。ほかにも数人の欧米系の会長が選出されたことがありましたが、アジア国籍の医師が国際毛髪外科学会の会長に選ばれるのは、今回が初めてです。もちろん日本人としても、初めて国際毛髪外科学会の会長に選ばれました。植毛エキスパートとしての真の実力と、トップリーダーの資質を世界が認めたことになりますので、大変な名誉です。

学会の会長をはじめ役員の全員は無報酬のボランティアとして仕事をします。中でも会長は、学会の重要案件を最終的に決定し決済する重責です。シカゴの本部から、重要文書や世界各国の事案を議論するメールが毎日80~100通届きます。それらの英文メールに返信を送ったり、コメントして意見を述べたり、大忙しの毎日です。

さらに、国際毛髪外科学会(ISHRS)では、4~6週間ごとの週末深夜に、3~4時間を超える英語での電話会議があり、幹部会や理事会、特別委員会、財政委員会などの会議が頻回におこなわれます。
アメリカのシカゴ時間で朝7~8時に始まる電話会議は、日本時間では土曜日の夜10時からになります。土曜日の深夜の3~4時間に及ぶ英語での電話会議は、眠気も加わるので、けっこう大変です。電話会議の直前には、100~300ページ以上に及ぶ英文資料が送られてきますので、それらに目を通しておき、電話会議で重要案件に関する理事の議論を集約し、数々の重要事項を決議して、学会の方向性を導いていくのが会長の役割です。

柳生院長は、これからは、世界中の植毛専門医の頂点に立つPresidentとして、リーダーシップを発揮しながら、世界最大の植毛学会をまとめて、学会の活動を通して世界の植毛治療をよりよい方向に導き、世界中の薄毛で悩む患者さんたちのために、正しい植毛治療を普及し発展させるために、各国の自毛植毛学会と連携しながら、力を尽くしていくことになります。

 


 

国際毛髪外科学会では、ホームページを、日本語を始め世界各国の言語に翻訳する作業を、毎年継続しています。
それによって、薄毛治療の正しい知識の普及と啓蒙のための活動を、世界規模でおこなっています。
ISHRS公式サイト: http://www.ishrs.org/PDF/ISHRS-AM-PB-Japanese-Brochure-FINAL.pdf
※脚注
ISHRS; 国際毛髪外科学会

 


 


東京本院:カウンセリング予約申込み

新大阪院:カウンセリング予約申込み

お問い合わせ

[東京・大阪]自毛植毛で薄毛・AGAの悩みを解決|紀尾井町クリニック

紀尾井町クリニック東京本院

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンタワー ビジネスコート7階

月曜~金曜 8時30分~18時
土曜 8時30分~17時30分
日曜・祝祭日休診(GW期間は除く)

東京本院ホームページ

NHT紀尾井町クリニック新大阪院

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
新大阪ブリックビル 2階

月曜~土曜 8時30分~17時30分
日・祝祭日休診

新大阪院ホームページ

ページの
上部へ