薄毛、AGAの悩み解決 自毛植毛専門クリニック

[東京・大阪]自毛植毛で薄毛・AGAの悩みを解決|紀尾井町クリニック

当院について

受賞歴

第22回国際毛髪外科学会のポスター発表で、柳生院長が受賞しました。


表彰式でISHRS元会長Cooley博士から賞状と記念リボンを受け取る柳生院長

第22回国際毛髪外科学会(ISHRS)(2014年10月)で柳生院長がおこなった、ポスター発表が優秀賞を受賞しました。

発表の演題名は「Safe surgery in patients with ischemic heart disease」でした。心臓病の虚血性心疾患がある患者さんは、手術中や手術後に狭心症や心筋梗塞を起こすリスクが高いのですが、このような患者さんでも、予防的な薬を手術前からあらかじめ投与して、手術中の合併症を予防する方法を発表しました。また、心臓病をもつ患者さんでも、安全に植毛手術を行うことができることを解説しました。

過去に柳生院長が手術した、虚血性心疾患をもった患者さんたち26回の手術すべてで、安全な植毛手術を実施してきた経験をもとに、治療のポイントをわかりやすく整理し、簡潔な形にまとめた実践的な内容の発表です。


発表ポスターの前の柳生院長


優秀賞の賞状


発表したポスター「Safe surgery in patients with ischemic heart disease」



イタリア毛髪学会、第15回国際会議で受賞しました


学会会長Franco Buttafarro博士と副会長Pietro Lorenzetti博士から賞の盾を受け取る柳生院長


“Excellence in Hair Restoration”(植毛分野での優秀な業績に対する賞)の盾



第20回国際毛髪外科学会(ISHRS)で、特別賞受賞


ISHRS会長Martinick博士から特別賞を受け取る柳生院長


特別賞の盾



第20回目の国際毛髪外科学会(International Society of Hair Restoration Surgery, ISHRS)(2012年10月20日)のガラ・ディナーで、柳生院長が特別賞を受賞しました。

1994年に第1回目のISHRS学術集会が開催されて以来、今年で第20回目を迎えた記念を祝うISHRS年次学術集会のガラ・ディナーが、学会4日目の夜、開催されました。そのディナー・パーティで、各賞の授賞式がおこなわれ、柳生院長に特別賞が授与されました。受章理由は、「永年にわたる学会への献身的で多大な貢献を高く評価し、それに感謝をあらわす賞」という説明がありました。

第18回国際毛髪外科学会(ISHRS)で、柳生院長が「Research Award」受賞


ISHRSの科学研究助成授賞委員会の委員長Michael Beehner博士から賞状を受け取る柳生院長

第18回国際毛髪外科学会(ISHRS:International Society of Hair Restoration Surgery)(2010年10月)で、柳生院長が「Research Award」受賞しました。

国際毛髪外科学会(ISHRS)では、毛髪に関する基礎的な研究を奨励するために、毎年、内容の優れた研究を2~3件厳選して、研究内容を賞賛して表彰し、研究助成金を交付しています。審査は厳しく、毎年たくさんの応募件数の中から、本当に内容が優れた研究のみが選ばれて、年に一度のISHRS学術集会中の学会会員総会の場で発表されます。

Bostonで開催された第18回国際毛髪外科学会(ISHRS)学術集会の期間中、2010年10月22日に学会会員総会が開かれました。そこで柳生院長の研究が2010年度のResearch Grantの1つに選ばれたことが発表されました。そして、2010年度ISHRS Research Grant Awardを柳生院長が受賞しました。世界各国のトップクラスの植毛専門医たちから、満場の拍手と喝采のなかで表彰され、多くの賞賛を浴びました。


ISHRS 2010 Research Grant Awardの賞状。

研究課題は「High density implantation or standard density implantation for secondary cicatricial alopecia」です。
やけどやケガの傷跡などの二次的な瘢痕性脱毛に対して高密度植毛をおこない、良好な結果を実現するために、現在おこなっている様々な工夫をまとめて、手術手技として提案して報告したものが、この研究です。
今後この手法が普及すれば、正常な頭皮への移植だけでなく、瘢痕性組織の脱毛でも良好な植毛治療の結果を実現することが、世界中のどのクリニックでも可能になることが期待されます。


イタリア毛髪学会(ISHR)から、柳生院長が「ティベリオ賞」受賞


受賞式/学会のPiero Tesauro会長らと共に


ティベリオ賞の盾



イタリア毛髪学会(ISHR)(2010年5月)で、柳生院長が「ティベリオ賞」受賞しました。(Tiberio Award)

中央のTesauro会長ご夫妻、左前列から国際毛髪外科学会(ISHRS) Epstein会長、インドVasa博士、イスラエルGinzburg博士、 スイスNyberg博士、ブラジルSperanzini副会長、イタリアDe Sio元会長など、世界中の高名な植毛専門医の友人たちから祝福されました。
受賞の理由は、「自毛移植外科における優れた業績に対する栄誉」というものでした。

この賞は、2010年5月21日、イタリア毛髪学会(ISHR)の第13回国際会議のガラディナーパーティーの場で、学会会長のPiero Tesauro博士から柳生院長に授与されました。
長年の臨床研究発表の業績が国際的に高く評価された結果で、大変名誉なことです。

国際毛髪外科学会・学会誌で「今月の外科医」として紹介されました


毛髪外科治療の領域で国際的に最も権威のある学会である国際毛髪外科学会(International Society of Hair Restoration Surgery, ISHRS)から隔月に発行される公式機関雑誌ForumでSurgeon of the Month(今月の外科医)として、柳生院長が紹介されました。(2008年11/12月号)

これは、各国の毛髪外科治療に従事する医師の中から、世界を代表する植毛専門医として国際毛髪外科学会(ISHRS)によって選ばれた一人が、ISHRSの学会会員に紹介される特集記事です。
2008年11/12月号のForum第18巻、第6号で、柳生院長がSurgeon of the Monthに選ばれて世界中の植毛医に紹介されたことは、大変に名誉なことです。

アメリカ毛髪外科学会専門医(ABHRS)に合格

American Board of Hair Restoration Surgery (ABHRS) (アメリカ毛髪外科学会)の2007年度試験で柳生院長がDiplomate(専門医)に認定されました。柳生院長は、日本人で初めて通訳の同伴なしで受験して合格しました。

2007年のアメリカ毛髪外科学会の専門医に認定されました。
通訳なしで受験すると、試験場の部屋や制限時間など、受験条件がすべてアメリカ人医師と同じ条件で受験しなければなりません。これまで通訳の同伴なしで受験した日本人は誰もいなかったので、ABHRSのアメリカ人幹部たちが「本当に通訳なしで大丈夫か」と心配していましたが、「おそらく大丈夫でしょう」ということで、一人で受験し、合格しました。



シーザー賞“Caesar Award”受賞


受賞式 / 学会会長のVincenzo Gambino博士と共に


シーザー賞の盾



イタリア毛髪学会(ISHR)(2007年6月)から、柳生院長に「シーザー賞」(CAESAR AWARD)が授与されました。授賞の理由は、「毛髪回復外科における優れた業績に対する栄誉」というものでした。

この賞は、2007年6月2日、イタリア毛髪学会(ISHR)の第12回国際会議の最終日のガラディナーパーティーの場で、世界を代表する欧米の植毛界の長老の先生方とともに柳生院長に授与されました。これまでの地道な臨床研究の業績が国際的に高く評価された結果で、大変名誉なことです。

第12回日本臨床毛髪学会で柳生院長が学会賞「第1回平山賞」受賞


第1回 平山賞賞状

2006年12月9日、10日に開催された第12回日本臨床毛髪学会で、柳生院長の研究発表に対して、学会賞として「第1回平山賞」が授与されました。研究テーマは「ドナー採取領域における毛包の配列方向に関する研究」でした。


地中海賞“Mediterranean Award”受賞

イタリア毛髪学会(ISHR)(2006年5月)から、柳生院長に「地中海賞」(PREMIO DEL MEDITERRANEO)が授与されました。


受賞式


地中海賞の盾



授賞の理由は、「毛髪回復外科の発展に貢献した優れた研究業績を高く評価する」というものでした。

この賞は、2006年5月30日、イタリア毛髪学会(ISHR)の第11回国際会議のガラディナーパーティーの場で、柳生院長に授与されました。

ISHRの会員でもないのに受賞して、今回の学会に招待されたことに大変驚きました。これまでの地道な臨床研究の努力が国際的に高く評価された結果で、大変名誉なことです。

 


 

※脚注
ISHRS; 国際毛髪外科学会、ABHRS; アメリカ毛髪外科学会、ESHRS; ヨーロッパ毛髪外科学会


東京本院:カウンセリング予約申込み

新大阪院:カウンセリング予約申込み

お問い合わせ

[東京・大阪]自毛植毛で薄毛・AGAの悩みを解決|紀尾井町クリニック

紀尾井町クリニック東京本院

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンタワー ビジネスコート7階

月曜~金曜 8時30分~18時
土曜 8時30分~17時30分
日曜・祝祭日休診(GW期間は除く)

東京本院ホームページ

NHT紀尾井町クリニック新大阪院

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
新大阪ブリックビル 2階

月曜~土曜 8時30分~17時30分
日・祝祭日休診

新大阪院ホームページ

ページの
上部へ