薄毛、AGAの悩み解決 自毛植毛専門クリニック

植毛治療の流れ

植毛面積の測り方

ご自分で、自毛植毛をご希望になる面積を測定されれば、植毛に必要な大よそのドナー採取面積(植毛本数)や植毛密度がご自身でご理解いただけます。
植毛面積の測り方について、ご説明いたします。

準備

ご用意いただく物


  • 油性マジック
  • サランラップ
  • NHT測定システム用紙

ファイルイメージ

NHT測定システム用紙

(リンクをクリックしてNHT測定システム用紙を1枚プリントアウトして下さい。)
(Adobe Acrobatが必要です。お持ちでない方は次のリンクからダウンロードして下さい。)
あるいは、1cm2角の方眼紙を、NHT測定システム用紙の代わりに使われても結構です。


植毛面積の抽出


*次の手順に従って植毛ご希望部分の面積をはかって下さい。
1)植毛ご希望の部分にサランラップを当て、マジックで植毛ご希望の範囲の輪郭をなぞって下さい。


移植面積の測定


2)書き写したサランラップをNHT測定システム用紙(あるいは方眼紙)に重ねて、マジックで描いた輪郭線の範囲の中にある小さな正方形を数えて下さい。
小さな正方形1つが1cm2ですので、その合計数が植毛ご希望の面積(cm2)になります。
これで、ご希望の植毛面積がわかりました。

ドナー採取面積

ご自分でも、ドナー採取必要面積を知ることができます。
2)で測られた植毛ご希望の面積を、ドナー採取面積と植毛費用の表2の左の欄に当てはめ、上に%で示した密度の欄と交差する部分をご覧ください。その数字が、ドナー採取面積になります。
植毛ご希望の面積に、どれくらいの濃さ(密度)で植毛するかにより、ドナー採取面積が変わってきます。
頭髪の本数は、年齢や個人差で違いますので、植毛本数だけを比較しても、あまり意味がありません。植毛効果で大切なことは、全体的な密度のバランスです。

見た目の濃さは、密度と毛の太さに影響されます。太い髪の人は、より濃く見えますので、移植の結果はさらに効果的になります。
1回の植毛手術での密度アップは、25~35%前後とお考え下さい。
かつらをご使用の方は、2~3回の植毛(約60%以上の密度アップ)で、かつらを外す事が可能になります。


カウンセリング予約申込み

お問い合わせ

自毛植毛は紀尾井町クリニック [東京・大阪]

紀尾井町クリニック東京本院

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンタワー ビジネスコート7階

月曜~金曜 8時30分~18時
土曜 8時30分~17時30分
日曜・祝祭日休診(GW期間は除く)

東京本院ホームページ

NHT紀尾井町クリニック新大阪院

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
新大阪ブリックビル 2階

月曜~土曜 8時30分~17時30分
日・祝祭日休診

新大阪院ホームページ

ページの
上部へ