薄毛、AGAの悩み解決 自毛植毛専門クリニック

植毛の費用・値段のご案内

植毛費用・値段について

自毛植毛の治療費用は、手術費20万円+自毛植毛費(ドナー移植株数による)+消費税です。FUEの株単価はFUTの5割増しの、1株900円。FUTの株単価はFUEより約3割安い、1株600円です。

手術を受ける際には感染症チェックのために血液検査が必要で、費用は3,000円(税別)になります。他の医療機関での血液検査結果をお持ちいただくことも可能です。

これ以外に追加費用が発生することはありません。

  

切らない植毛FUEの費用

手術費20万円 +(1株 900円×植毛株数)+消費税

ボリューム植毛FUTの費用

手術費20万円 +(1株 600円×植毛株数)+消費税

  FUE FUT
生え際の場合
500株 植毛
65万円(税別) 50万円(税別)
前頭部の場合
1000株 植毛
110万円(税別) 80万円(税別)
広域の場合
1500株 植毛
155万円(税別) 110万円(税別)

※上記の症状と株数は目安です。実際の株数は各々の症状によりますので、無料カウンセリングにてご相談ください。

宿泊サービス

国賓も宿泊するホテルニューオータニ(東京本院)やコートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーション(新大阪院)などへ治療前日または当日にお泊りいただける“宿泊サービス”をご用意しています。治療費80万円(税別)以上の治療を受けられる方が適応になります。

  

眉毛・ヒゲの植毛費用

眉毛・ヒゲや傷痕の植毛治療はFUE・FUTのどちらでも可能です。頭髪の自毛植毛に比べて、株数も少なくてすみますので、費用も安く時間も短いのが特徴です。

  FUE FUT
50株 植毛 24.5万円(税別) 23万円(税別)
100株 植毛 29万円(税別) 26万円(税別)
200株 植毛 38万円(税別) 32万円(税別)
300株 植毛 47万円(税別) 38万円(税別)
400株 植毛 56万円(税別) 44万円(税別)
  

AGA治療の処方薬の費用

紀尾井町クリニックでは、男性型脱毛症(AGA)用の内服薬(プロペシア、ザガーロ)の処方を行っています。ジェネリック医薬品もご用意しています。料金や注意点など詳しくは以下のリンクをご覧ください。

処方薬についての詳細

  

お支払い方法

治療日が決定しましたら、手術予約金(10万円)を頂戴いたします。予約金は治療費に充当されます。

予約金をのぞいた治療費残金のお支払いには、現金・クレジットカード(注)・メディカルローン(3~60回払い)がご利用いただけます。
(注)JCB・AMEX・ダイナース・VISA・MASTER・セゾン・ユーシー・銀聯




メディカルローンご利用の流れ

1. 治療予約後、ローン申し込み用紙に必要事項をご記入いただきます。治療予約前に審査のみお受けいただくことも可能です。
   ↓
2. ローン会社よりお申込み内容について、お申込者(お客様)へ確認のお電話があります。
   ↓
3. 確認が取れましたら、ローン会社からの審査結果を、クリニックからお申込者(お客様)へご連絡します。
   ↓
4. 治療当日、ローン会社と最後の確認をしていただき、お手続きは終了となります。

ご利用いただける方

 満20歳以上で安定した収入がある

保証人が必要な方

 未成年、パート・短期派遣社員・フリーター、外国人

お支払い回数

 3~60回払い、またはボーナス併用払い

実質年利

 9.0%

契約会社

 アプラス・オリコ・ジャックス・セディナ

  

60万円(税別)のローン支払例

生え際・M字の植毛


60万円+消費税(8%)= 64.8万円
64.8万円-予約金 10万円 = 54.8万円

<54.8万円の60回払いの場合>
初回   15,834円
2~60回 11,300円

  

100万円(税別)のローン支払例

前頭部または頭頂部の植毛


100万円+消費税(8%)= 108万円
108万円-予約金 10万円 = 98万円

<98万円の60回払いの場合>
初回   22,890円
2~60回 20,300円

  

140万円(税別)のローン支払例

前頭部から頭頂部までの植毛


140万円+消費税(8%)= 151.2万円
151.2万円-予約金 10万円 = 141.2万円

<141.2万円の60回払いの場合>
初回   29,946円 
2~60回 29,300円


※ ボーナス併用払いを選択した場合は、支払い回数によって月々のお支払い額が変動します。


※ メディカルローンの詳細は、電話でお問合せください。審査の結果、メディカルローンをご利用いただけない場合もございますことを予めご了承ください。

  

FUEのメリット・デメリット


後頭部からドナー株(移植株)を採取するのに、直径1mm前後のパンチ(先端が鋭利で中空の金属)を使って毛根をくり抜く方法がFUE(Follicular Unit Extraction)です。1960年代に広く行われていたパンチ・グラフト植毛の変法で、2002年に発表され、メスを使わない「切らない植毛」として普及しています。

ドナー部を切りたくない方、眉毛・ヒゲや傷痕など狭い範囲の植毛や、ドナー部の皮膚が硬く可動性が少ない場合などに適した方法です。しかし、大量のドナー株が必要となる広範囲な薄毛の治療には不向きです。

FUEでドナー株を採取した後には、1mm程の点状の傷痕が採取株数と同じだけ残りますが、頭髪で覆われますので坊主頭にしなければ傷痕は見えません。

皮下の毛根を傷つけないように1株づつ専用の医療機器を駆使してくり抜く高度な技術が必要で、ドナー採取にはFUTより時間かかります。時間と手間のかかる手法なので治療費はFUTより高額です。

紀尾井町クリニックでは0.65mmから1.15mmのパンチを用意して、各々の髪の太さや毛根の長さに最適なパンチを使用しています。パンチのサイズは世界的な統一表示基準が確立されていないので、「外径」だったり「内径」だったり、一概に比較はできません。

パンチサイズが小さいほど、傷痕は小さくなりますが、毛根切断率が高くなります。毛根が切断されたドナー株を移植しても、うぶ毛しか生えません。後頭部と同じ太い髪が生えるためには、毛球部まで完全にそろった形の毛根を移植することが大切です。

当院のFUEでは熟練した専門医が行いますので、ドナー毛根の切断率(ドナーロス)は5~8%あるいはそれ以下になります。

FUEのメリット

  • メスで頭皮を切らない
  • 頭皮が硬くて、可動性が少ない方に向いています
  • FUT縫合痕を修正したい場合に適しています
  • 手術後の痛みが軽いので楽です

FUEのデメリット

  • 生涯に採取できるドナー株数はFUTより少ない
  • 点状の傷痕がドナー採取株数と同数残る
  • 費用はFUTより高額

  

FUTのメリット・デメリット


後頭部のドナー頭皮を帯状に切り取り、顕微鏡で毛根を細かく切り分けて、毛包単位のドナー株(移植株)を作ります。毛の流れに合わせてスリットを作り、毛根を植え込むので「自然な仕上り」と「高い密度」を実現できます。

FUT(Follicular Unit Transplantation)は自毛植毛のゴールド・スタンダードです。世界的に多くの植毛手術が、現在でもFUTで行われています。FUTを提唱する初期の論文が出始めたのが1994~95年。それ以前のフラップ手術やパンチグラフト法の不自然さが改良され、一気に自然な仕上りの植毛が出来るようになった画期的な技術です。

FUTはドナー株の毛根切断率(ドナーロス)が特に低く、質の良いドナー株を、一度に多量に採取できます。広範囲の薄毛の治療や、多量のドナー株を一度に移植したい場合には、FUTが適しています。

ドナー採取後に細い線状の傷痕が1本残る(植毛1~3回まで)のは、FUTの欠点で、残る傷痕の幅には、個人差があります。でもトリコフィティック縫合法を行えば、傷痕にも毛髪が生えて目立ち難くなります。頭髪で覆われますので坊主頭にしなければ傷痕は見えません。ただし頭皮が硬く可動性の少ない場合は、FUTで採取できるドナー量に限界があります。

紀尾井町クリニックのFUTでは優れた植毛結果が安定して得られ、トリコフィティック縫合法により線状の傷痕は細く、しかも治療費はFUEより低額など、当院のFUTはメリットが多い方法です。

トリコフィティック縫合法の症例

FUTのメリット

  • 毛根の切断率が低く、定着率が高い
  • 生涯に採取できるドナー株数はFUEより多い
  • 広範囲・高密度の植毛が可能
  • 費用はFUEより低額

FUTのデメリット

  • メスで頭皮を切る
  • 線状の縫合痕が1本だけ残る(植毛1~3回まで)
  • 頭皮が硬い方は採取できるドナー株が限られる
  

頭髪タイプ別費用

薄毛のパターンは大きくM型とO型に分かれます。タイプ別の費用例を紹介します。

もっと見る


カウンセリング予約申込み

お問い合わせ

  • 「自信の植毛」応援プラン 10~12月限定 株500円~ 

自毛植毛は紀尾井町クリニック [東京・大阪]

紀尾井町クリニック東京本院

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンタワー ビジネスコート7階

月曜~金曜 8時30分~18時
土曜 8時30分~17時30分
日曜・祝祭日休診(GW期間は除く)

東京本院ホームページ

NHT紀尾井町クリニック新大阪院

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
新大阪ブリックビル 2階

月曜~土曜 8時30分~17時30分
日・祝祭日休診

新大阪院ホームページ

ページの
上部へ