薄毛、AGAの悩み解決 自毛植毛専門クリニック

AGA治療薬

内服薬 ザガーロ(デュタステリド)

「ザガーロ」は男性型脱毛症(AGA)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を生成するのに必要な2種類の5α還元酵素を抑制するデュタステリドを有効成分とするAGA治療薬です。2015年9月28日に厚生労働省より正式にAGA治療薬として認可され、2016年6月13日よりグラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)から提供されるようになりました。


当初は、前立腺肥大症の治療薬として処方されていました。前立腺肥大症はAGAと同じように、男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素によってDHTに変えられて発症します。注目されていた副作用としての育毛効果が認められAGA治療薬として認可されました。

発毛効果

「プロペシア」が5α還元酵素Ⅱ型のみ阻害するのに対し「ザガーロ」はⅠ型とⅡ型の両方を阻害する作用があるため、「プロペシア」の効果であるAGAの進行遅延のほか、より積極的な育毛効果が期待できる薬です。

「ザガーロ」0.5mgと「プロペシア」1mgの服用者を比較すると、「ザガーロ」を服用していた人が約1.6倍発毛効果が高かったことが臨床試験でわかっています。ただし効果には個人差がありますので、6ヵ月服用しても効果が見られない場合は医師にご相談ください。


副作用

グラクソ・スミスクライン社からは「ザガーロ」0.5mgの副作用として『総症例184例中30例(16%)に副作用が報告された。主なものは、勃起不全10例(5%)、性欲減退4例(2%)、射精障害2例(1%)などがみられます(承認時)。』と報告されています。副作用の症状が現れた場合には使用を止め、医師にご相談ください。

使用上の注意

安全性や有効性が確立されているのは20歳以上の男性だけで、未成年や女性は服用できません。妊婦、産婦、授乳婦、小児がカプセルを開けて直接薬剤に触れることのないようにしてください。

また、服用中の献血はご遠慮ください(使用中止後も6ヵ月は避けてください)。前立腺癌の腫瘍マーカー(PSA)の数値に影響を与えるため前立腺ガンの検査時は医師に報告してください。

服用方法

1日1カプセル(0.5mg)をお飲みください。朝・昼・夕いつ服用しても結構ですが、24時間おきに決まった時間での服用が望ましいとされています。「ザガーロ」の入手にあたっては、医師の診察と処方箋が必要であり、当院でも診察・処方を承っています。

院内処方のご予約

カウンセリング予約申込み

お問い合わせ

自毛植毛は紀尾井町クリニック [東京・大阪]

紀尾井町クリニック東京本院

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンタワー ビジネスコート7階

月曜~金曜 8時30分~18時
土曜 8時30分~17時30分
日曜・祝祭日休診(GW期間は除く)

東京本院ホームページ

NHT紀尾井町クリニック新大阪院

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
新大阪ブリックビル 2階

月曜~土曜 8時30分~17時30分
日・祝祭日休診

新大阪院ホームページ

ページの
上部へ