薄毛、AGAの悩み解決 自毛植毛専門クリニック

究極の薄毛対策

FUTメガセッション

FUTメガセッションとは、1回の手術で通常のFUTの2回分に相当する大量の株を移植することです。FUTメガセッションは技術的な難易度が高く、紀尾井町クリニックでは経験を充分に積んだ医師と看護師が施術しますので、理想的な結果が安定して得られます。

ドナー株を採取するのに頭皮を切り取って株分けをするFUTでは、開発当初1回で1,500株程度を移植するのが基本でした。それが技術の進歩によって1回で2,500~3,500株を移植するFUTメガセッションが考案されました。

FUTメガセッションは毛根切断リスクの低さと虚血時間(ドナーの血流が停止してから移植後に血流が再開されるまでの時間)の短さというFUTの利点を最大限に活かした手術です。

前頭部から頭頂部にかけての広範囲な薄毛の場合、1回目は前頭部、2回目は頭頂部というように2回に分けて移植していましたが、FUTメガセッションなら2回分を1回の移植で済ませられます。広範囲な薄毛を短期間で治療したい方には最適な植毛方法です。

当院では通常のFUT1,000株の手術では全工程を2時間程度で完了させます。2,500株以上のFUTメガセッションでもドナー株の移植に熟練の看護師を増員するなどして全工程を3時間程度の短い時間で完了することが可能です。

通常のFUTと同様にFUTメガセッションも日帰り手術です。以下、通常のFUTとの違いについてメリットとデメリットを比べます。

●FUTメガセッションのメリット
・広範囲の薄毛治療を1回で完了
・費用は通常のFUE2回より安価(同株数比)
・患者さまの身体的負担を減らし、関連費用も約半分

●FUTメガセッションのデメリット
・手術時間が少し長くなる
・頭皮の硬い方は採取できるドナー株数が限られる

既存毛の量、移植部位と面積、ドナーの状態(ドナー密度と頭皮のゆとり)などによりFUTメガセッションの施術が難しい場合があります。ご興味のある方はカウンセリングで医師にご相談ください。

   

FUTメガセッションの経過


当院でFUTメガセッションを受けられたモニターさまの手術前と手術後の経過写真です。30歳の男性の方で前頭部から頭頂部までの広い範囲に、FUTメガセッションで2,831株を植毛されました。


手術前の写真1

● 手術前


術後3ヶ月の写真

● 術後 3ヶ月


術後6ヶ月の写真

● 術後 6ヶ月


術後9ヶ月の写真

● 術後 9ヶ月(移植毛が伸びたので一度カット)


術後1年の写真

● 術後 1年

術後1年の写真(前髪UP)

● 術後 1年(前髪を上げた状態)

最後にもう一度、手術前の写真です。上の術後1年とよく比べて見てください。


手術前の写真2

● 手術前

FUTメガセッションやさまざまな薄毛治療の症例写真を「体験者写真集」にたくさん掲載しています。是非、経過をご確認ください。

 

FUTメガセッションの費用(株500円プランの場合)


例えば薄毛治療に必要な株数が3,000株だとします。これを前頭部と頭頂部の各々1,500株として分割して施術したとすると、1回につき
手術費20万円 +(株 500円×1,500数)+消費税で、200,000 + 750,000 + 95,000 = 1,045,000円
になりますので、手術2回では倍の合計209万円になります。

FUTメガセッションでは、
手術費20万円 +(株 500円×3,000数)+消費税で、200,000 + 1,500,000 + 170,000 = 1,870,000円
になりますので、FUTメガセッションでは22万円(=209万円-187万円)を節約できます。その他、ご来院のための交通や宿泊などの関連費用は1回分、ご本人さまの貴重なお時間も有効にご活用いただけます。そしてなによりもご希望される結果を2年後ではなく1年後に達成できるのが最大のメリットといえるでしょう。

 

カウンセリング予約申込み

お問い合わせ

自毛植毛は紀尾井町クリニック [東京・大阪]

紀尾井町クリニック東京本院

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンタワー ビジネスコート7階

新型コロナウィルス対策のための時間変更(2020年4月6日~期限未定)
月曜~金曜 8時30分~16時
土曜 8時30分~17時30分
日曜・祝祭日休診(GW期間は除く)

東京本院ホームページ

NHT紀尾井町クリニック新大阪院

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
新大阪ブリックビル 2階

新型コロナウィルス対策のための時間変更(2020年4月6日~期限未定)
月曜~土曜 10時~16時
日・祝祭日休診

新大阪院ホームページ

ページの
上部へ