薄毛、AGAの悩み解決 自毛植毛専門クリニック

究極の薄毛対策

ボリューム植毛FUT

後頭部の頭皮を上下約1cm、長さ約10~20cmの横長の帯状に切り取ります。そして熟練した看護師が双眼実体顕微鏡を使い、毛根を傷つけないよう慎重に細かく切り分けてドナー株を作るのが「ボリューム植毛FUT(Follicular Unit Transplantation)」です。目視で確認しながら手作業で株を切り分けるので毛根の切断はほぼ皆無で、質の高いドナー株を多量に採取できます。「自然な仕上り」と「高い密度」など優れた植毛結果が安定して得られます。しかも治療費はFUEより安く済むなど、長所が多い方法です。

広範囲の薄毛治療、例えば1,500~2,000株のドナー株を一度に移植したい場合には、FUTが向いています。生涯には最大で約6,000株の植毛が可能です。前頭部から頭頂部の広域へ移植するのに充分なドナー株数がFUTなら確保できるので、AGAが進行しても問題ありません。


●FUTのメリット
・生涯に採取できるドナー株数はFUEの約2倍
(約5,000~6,000株)
・毛根の切断は皆無、採取株をすべて有効活用
・費用はFUEより安価
・手術時間はFUEの約半分(同株数比)

●FUTのデメリット
・メスで頭皮を切る手術
・細い線状の縫合痕が1本だけ残る(植毛1~3回)
・頭皮の硬い方は採取できるドナー株数が限られる

 

匠の株分け技術


人間の頭髪は1本ずつ生えているわけではありません。束になって生えている毛の本数によって1本毛を「マイクログラフト」、2本毛を「フォリキュラーグラフト」、3~4本毛を「ダブルフォリキュラーグラフト」と呼びます。これらの3種類の株(グラフト)を効果的に組み合わせることで、自然な仕上りとボリューム密度が期待でき、さらに費用対効果が高まります。


1本毛

1本毛


2本毛

2本毛


3~4本毛

3~4本毛

毛根は皮下で生えている向きが一本一本異なります。立体的に見える双眼実体顕微鏡を使い、切り取った帯状の頭皮をサージカルナイフで毛根を傷つけないよう慎重に切り分けてドナー株を作ります。余分な頭皮を削ぎ落として1本毛、2本毛、3~4本毛へと、毛根を切り分けます。ご希望の植毛デザインを実現するために、2本毛を2つの1本毛にしたり自在に株を切り分けていきます。細心の注意を要する熟練作業で、手作業ゆえに毛根の切断もほぼありません。紀尾井町クリニックの熟練した看護師だから成し得る匠の技なのです。


また、虚血時間(ドナーの血流が停止してから移植後に血流が再開されるまでの時間)が短いほどドナー株の鮮度を保ち、定着率が高まるため、自毛植毛では「スピードの速さ」が「質の高さ」となります。当院では1,000株の植毛なら、株分けを30分で行い、移植までの全工程を2時間程度で完了させます。同じ株数ならFUEの約半分の時間です。FUTは洗練された合理的な植毛プロセスなので、95%以上という高い定着率につながっています。

 

縫合痕にも生えてくる


後頭部の横長なドナー採取部を縫い合わせるので、細い線状の傷痕が1本残ります。髪の長さが4cm以上あれば傷痕は隠れますが、坊主刈りにすると細い線状の傷痕は目立ちます。またFUTでは前回のドナーを採取した傷痕を含めて同一部位から2~3回の追加採取が可能なので、細い線状の傷痕は1本で増えません。

通常の方法で縫合すると周囲には毛が生えていますが、縫合した傷痕には毛が生えていないため、傷が完治した後も傷痕を探せば分かります。紀尾井町クリニックでは、ドナー採取部を縫合する最新技術の「トリコフィティック縫合法」を取り入れています。トリコフィティック縫合法は、傷痕に毛が生えてくれば、たとえ傷痕があっても目立たなくなるという理論から開発された縫合法です。

ドナー採取部の下縁の表皮を1~2mm削り、そこにドナー採取部の上縁の表皮をかぶせるようにして縫い合わせます。移植した部位や広さ、体質などによって多少の個人差はありますが、傷が治った後で傷痕に毛が生えてくるので、トリコフィティック縫合法で縫い合わせた傷は探してもどこを縫ったのか分からないくらいに完治します。

トリコフィティック縫合の傷痕


 


FUTの歴史


国際毛髪外科学会が世界で初めて開催されたのが1993年です。そして現在も世界的に行われているボリューム植毛FUT法を提唱する初期の論文が出始めたのが1994~1995年で、それ以降FUT法が世界的に普及していきました。1960年代に広まったパンチグラフト法の不自然さが改良されて、一気に自然な仕上りの植毛結果が実現できるようになったという意味で、当時は画期的な技術でした。

 

カウンセリング予約申込み

お問い合わせ

自毛植毛は紀尾井町クリニック [東京・大阪]

紀尾井町クリニック東京本院

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンタワー ビジネスコート7階

月曜~金曜 8時30分~18時
土曜 8時30分~17時30分
日曜・祝祭日休診(GW期間は除く)

東京本院ホームページ

NHT紀尾井町クリニック新大阪院

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
新大阪ブリックビル 2階

月曜~土曜 8時30分~17時30分
日・祝祭日休診

新大阪院ホームページ

ページの
上部へ