薄毛、AGAの悩み解決 自毛植毛専門クリニック

もっと知りたい!植毛に関する情報

育毛・養毛、かつらとの比較

カンタン比較 育毛剤 vs かつら vs 自毛植毛

あなたが優先したい項目はどれでしょうか?
代表的な3つの方法について、その特徴をまとめました。

育毛剤かつら自毛植毛
効果効果は個人差が大きく、現状維持の場合も。効果が出るまでに時間を要する直ぐに薄毛を隠せる。量や形も自在自分の毛が確実に生える。生涯に渡って生えつづける。
生え揃う期間スローペース。継続的に対応しなければならない作った時から生え揃う。ただし継続的ケアが必要治療は数時間で完了。生え揃うのは、10〜12ヶ月必要
費用価格は様々だが、経済的な負担が生涯続く大きな経済的負担が生涯続く平均1、2回の治療のみ。その後の費用は不要
手入れ継続してケアを行う必要がある使用中止すると効果も消失3年から5年ごとに買い替える必要がある。蒸れてカビが生えるので永久脱毛が周囲に広がる自分の毛なのでケアは一切必要なし。洗髪やカラーリング、スポーツも自由
その他特徴身体的負担が軽い。過度の期待は禁物。実際は抜け毛が減る程度の効果使用することが逆にコンプレックスになる。不自然で見破られる可能性もある自然なヘアサイクルで成長し生え代わる。植え替えでの必要なし。
  

育毛・養毛治療との比較

色々な育毛・養毛治療が、昔から広く宣伝されてきました。基本的には、育毛や養毛で薄毛の体質が改善するわけではありませんので、根本的な解決にはなりません。

脱毛の進行をおくらせたり抜け毛や薄毛の予防程度にお考えになるのが妥当でしょう。
育毛や養毛を長い年月続けると、延々とお金がかかり、累積の金額は膨大なものになりがちです。中止すると元の状態にもどります。髪のお手入れを続けられるのは良いことですが、ご自分の予算の範囲で、無理のないものを選ばれることをおすすめします。

自毛植毛では、手術後のメンテナンスは必要ありませんので、手術のとき以外に費用は一切かかりません。1回の治療で、生涯生え続ける髪を手に入れるという意味で、自毛植毛は究極の薄毛治療ということができます。

かつら(ヘアピース)との比較


落ちやすい、ズレやすい

かぶるだけで高い頭髪密度が得られ、広い範囲の薄毛をカバーできるのは、かつら及びヘアピースのメリットと言えるでしょう。

しかし、また、「人前で取れたらどうしよう」という不安が常につきまといます。正常の髪よりも密度が濃く、不自然に見えがちで、その濃さに周囲の人が慣れてしまうと、かぶらない姿との落差が大きく、人前では寝ているときでもはずせなくなります。


脱毛の原因になることも…

かつらは、始めるときよりもはずすときのほうが、何倍も勇気が必要です。さらに、ヘアケアや作り替えなどで、一生使うと数千万円近い膨大な金額になります。

かつらやヘアピースの着用で特に問題なのは、長時間つけたままでいることで、頭皮が蒸れてカビが発生し、既存の毛根にダメージを与えてしまうことです。カビの感染が原因で永久脱毛になった部分は、二度と髪が生えてこなくなり脱毛範囲が拡大していきます。


脱毛や薄毛の治療に関しては、アメリカでは自毛植毛が主流なのに対して、日本ではかつらが主流という興味あるデータがあります。
日米間の文化の違いや価値観の違いもありますので、一概には比較できませんが、将来的には色々な方法の長所を生かして選んでいく必要があるでしょう。


カウンセリング予約申込み

お問い合わせ

自毛植毛は紀尾井町クリニック [東京・大阪]

紀尾井町クリニック東京本院

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンタワー ビジネスコート7階

月曜~金曜 8時30分~18時
土曜 8時30分~17時30分
日曜・祝祭日休診(GW期間は除く)

東京本院ホームページ

NHT紀尾井町クリニック新大阪院

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
新大阪ブリックビル 2階

月曜~土曜 8時30分~17時30分
日・祝祭日休診

新大阪院ホームページ

ページの
上部へ