薄毛、AGAの悩み解決 自毛植毛専門クリニック

もっと知りたい!植毛に関する情報

自毛植毛の歴史

日本では認知度の低い自毛植毛ですが、その歴史はかなり古く、1800年代から脱毛の治療に皮膚移植が提案され始めて、さまざまな手術方法が考案されてきました。

実は日本でも1930年代には、自毛植毛に関する優れた研究が行われましたが、戦争などの影響で世界に知られることはありませんでした。しかし、1939年に奥田正二医師が発表した研究の成果は、1959年にアメリカのノーマン・オレントライヒ博士が男性型脱毛症への手術治療法として発展させ、これが自毛植毛の幕開けとなりました。

そして1993年、アメリカで世界初の国際毛髪外科学会が開催され、その後、自毛植毛が世界的に広まりました。現在、世界的に行われている毛包単位植毛(FUT法)を提唱する初期の論文が出始めたのが1994~1995年で、それ以降、このFUT法が世界的に普及していきました。それ以前のフラップ手術やパンチグラフト法の不自然さが改良されて、一気に自然な仕上がりの植毛結果が実現できるようになったという意味で、当時は画期的な技術でした。

この毛包単位植毛(FUT法)は、現在も自毛植毛手術のゴールデン・スタンダード法として世界中で行われています。

米国内での植毛手術件数は年間10万件程度と報告されています。


カウンセリング予約申込み

お問い合わせ

自毛植毛は紀尾井町クリニック [東京・大阪]

紀尾井町クリニック東京本院

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンタワー ビジネスコート7階

月曜~金曜 8時30分~18時
土曜 8時30分~17時30分
日曜・祝祭日休診(GW期間は除く)

東京本院ホームページ

NHT紀尾井町クリニック新大阪院

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
新大阪ブリックビル 2階

月曜~土曜 8時30分~17時30分
日・祝祭日休診

新大阪院ホームページ

ページの
上部へ