薄毛、AGAの悩み解決 自毛植毛専門クリニック

植毛についてのQ&A・掲示板

薄毛の悩みについて


Q 分け目が薄いのは薄毛の初期?

A 髪の分け目は、髪が左右に分かれるために髪の重なりが作れず、地肌が見えやすい部分です。つむじも同様です。つむじを中心に四方八方に髪が分かれるので、地肌が見えやすくなります。分け目もつむじも地肌が見えるのが普通です。

しかし最近は、これらの部分の薄毛が気になるからと、相談に来る方が多くなりました。この傾向は特に若い方に目立ちます。実際に診察してみると、確かに軽度の薄毛が始まっている方もいますが、ほとんど薄毛になっていないケースも多々あります。

薄毛が始まっていないのに、分け目の地肌が気になる場合は、分け目を少しずらし、しかもはっきりと分け目を作らないように、手ぐしでラフに分ける髪型にすると、分け目の地肌が気にならなくなることが多いです。

特に前髪を真ん中で分ける髪型は地肌が目立ちやすいため、分け目を少し左右にずらすだけで地肌が透けて見えにくくなります。それでも気になる場合は、専門家に相談してください。

Q 薄毛はねこ毛のせい?

A 髪の太さにはかなり個人差があります。日本人の髪の直径は平均80~85マイクロメートル前後ですが、太い方は90~100マイクロメートル程度、細い方は60~70マイクロメートル程度です。細い髪(ねこ毛)は、柔らかいのでまとまりやすい反面、頭にベタッと張りついた髪型になりやすいです。逆に太い髪は髪質が硬く、まとまりにくいですが、ボリューム感は出しやすくなります。では、細い髪の方は薄毛になりやすいのでしょうか?薄毛に見えるかどうかは、頭髪全体のバランスで決まります。頭の左右・横の生え際、中央部分の生え際の密度が同じに見え、頭全体の髪の量のバランスが取れていれば薄毛には見えません。つまり、髪の太い人も細い人も、薄毛になる可能性は同じ確率と言えるでしょう。

Q 植毛法・育毛法の選択基準は?

A 薄毛が気になり始めたとき、どのような対策を取ればよいでしょうか。方法は三つあります。

一つ目は塗る育毛剤です。半年以上使い続けて、洗髪後の排水口の抜け毛を減らせたり、髪の現状をキープできれば、その育毛剤は効いていると言えます。

二つ目は内服薬の男性ホルモン抑制薬です。いわゆる男性型脱毛(遺伝、男性ホルモン、酵素、加齢)が原因となっている場合、男性ホルモンを抑えて薄毛の進行を遅らせることができます。この薬は6~7割の方に有効で、特に頭頂部の薄毛に効果的です。ただし、副作用があるため、医師の診察を定期的に受けながら、病院で処方してもらわないと使えません。また胎児への影響を考慮し、妊娠可能な女性には処方できないことになっています。

三つ目は自毛植毛です。生涯生え続ける後頭部の髪を、毛根ごと薄毛部分に移す方法です。アフターケアは不要で、効果は一生続きます。現時点では、自毛植毛は薄毛の最終治療法であり、医学的に一番確実な方法です。

Q 気づかれずに髪を増やせるか?

A まず、育毛剤を使った場合は、他人に指摘されるほどフサフサになることはありません。また、かつらは一般的な髪の密度よりもかなり濃く作ってあり、かぶると違和感があり、特に生え際は不自然な感じになります。

その点、自毛植毛なら、そのような心配はまったくありません。自分の髪を植えるので、髪の色も質も、元々生えている髪と同じです。しっくりと馴染み、自然な仕上がりとなります。また、植毛した髪が10センチ程度に伸びるには1年ほどかかります。これは自分の髪が自然に伸びるスピードとほぼ同じです。

毎日鏡を見ている本人が気づかないほど、ゆっくり髪が成長していきますから、他人に植毛したことを気づかれることはありません。

Q 育毛剤はどれを使えばいい?

A テレビでは盛んに育毛剤のCMが流れ、店頭には数多くの商品が並べられています。どれも効きそうな宣伝文句ですが、育毛剤を使っても髪の毛がフサフサになることはありません。

育毛剤には抜け毛を多少減らしたり、薄毛の進行を遅らせたりする程度の効果しかなく、現状維持ができれば大成功です。育毛剤の効果はどれも大差ないので、予算と好みで選んでください。医学的に効果が確認されている育毛剤は、ミノキシジルとフィナステリドの2種類のみです。

金額的には1ヶ月に5、6千円~1万円程度のものが妥当です。値段が高くても、特別に効果が高まることはありません。また、育毛剤は使用をやめたら効果が消え、元の状態に戻ってしまいます。生涯使う薬だからこそ、予算的に無理のないものを選ぶことが大切です。

さらに、育毛剤を使い始めて半年~1年くらい経たないと、本当に効いているかを判断できません。頻繁に種類を替えるのはやめましょう。

Q "素敵なハゲ"は存在するか?

A "素敵なハゲ"というのは、とても素敵な言葉です。薄毛を個性にしている俳優などは、まさに"素敵なハゲ"と言えるでしょう。ただ残念ながら、私たち一般人が、薄毛で個性を主張するのはなかなか困難です。

なぜなら、髪はとても目立つ場所で、人の印象を決める大切なものだからです。特に、日本人の黒髪は肌とのコントラストが強く、薄毛が強調されやすいため、余計に気になるでしょう。

自毛植毛によって薄毛が改善されると、誰もが驚くほど若返って見えるようになります。これまでのように、人の視線や髪の話題を気にすることがなくなり、自分に自信がもてるようにもなります。「薄毛やハゲは気にしていない」と言っていた方でも、髪が生えてくると、「やっぱり大変にうれしい。人生でこんなにうれしいことはない」と言います。

もちろん"素敵なハゲ"を目指すのもダンディな生き方ですが、薄毛には自毛植毛という方法もあります。

Q 育毛ビジネスの餌食の危険性は?

A 薄毛の悩みは、古代ギリシャ・ローマ時代からある永遠の課題です。本人が気にしなければ周囲の方も慣れてくるため、明るく振る舞えば問題はないという考え方もあります。しかし実際には、薄毛を気にしないのは困難なことで、誰でも多かれ少なかれコンプレックスを抱いています。この心理を突いてくるのが育毛ビジネスです。

育毛業者に相談に行ったら、不安を駆り立てるような話を山ほど聞かされ、気づいたときには契約書にサインをさせられていた。帰宅後、契約書をよく読むと、トータルで数百万円もする育毛剤を購入していて、解約を申し出ても、なかなか応じてくれないというケースもあります。悪徳業者の餌食になると、一千万円単位の金額を支払わされる羽目になることもあります。

薄毛対策に何を選ぶかは、最終的には自分で決断するしかありません。甘い宣伝文句につられて後悔しないように、内容をしっかり吟味し、納得できる方法を選んでください。

カウンセリング予約申込み

お問い合わせ

自毛植毛は紀尾井町クリニック [東京・大阪]

紀尾井町クリニック東京本院

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4-1
ニューオータニガーデンタワー ビジネスコート7階

月曜~金曜 8時30分~18時
土曜 8時30分~17時30分
日曜・祝祭日休診(GW期間は除く)

東京本院ホームページ

NHT紀尾井町クリニック新大阪院

〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原1-6-1
新大阪ブリックビル 2階

月曜~土曜 8時30分~17時30分
日・祝祭日休診

新大阪院ホームページ

ページの
上部へ