巣立ち

先日、道端に落ちている?スズメの赤ちゃんに遭遇しました。

周りを見渡しても、巣があるような木もなくて
親鳥も見当たりません。






手に乗せてみても飛ぶ気配もなくて、
ちょこんとつかまったまま。

やっぱり巣から落ちて迷子になっちゃったのかな?



まだお母さんからエサをもらいやすいように
口が大きく開けられるようになっているし
これはどうしたものかと。。。




こんな時はGoogle先生に聞くしかない!!


『大体は巣から誤って落ちてしまい、戻れずに道端で動けなくなっている。
 そう思い込む人が多いのですが、実はこれが大間違い!
 実は地上に落ちてしまったヒナのほとんどが、
 巣立ちの準備をしているのです』

『鳥だからといって生まれてすぐに空を自由に飛べるわけではないのです。
 何度か失敗を経て、立派に巣立っていくわけです。
 ヒナが飛ぶ練習をしている時は、人が気づかないような場所から
 必ず親鳥がしっかりと子供を見守っています』



へぇ~、見渡してもどこにも親鳥見つけられないけど
どこかから見てるのか~。。




『そんな親鳥からしたら、
 いきなり近づいてきた人間が我が子を拾いあげるなんて
 知らない人が誘拐していくようなものです』




え? 誘拐??

それはごめんなさい。

すぐ落ちていた元の場所に戻します。



戻してから、しばらく見守っていたのですが
赤ちゃんは飛ぶ気配ないし親鳥も来ません。


私たち人間がいるからなのかと思い
後ろ髪を引かれる思いでしたが
そのまま帰ってきました。

 

 

みなさんもスズメの赤ちゃんが落ちていたら
拾い上げないで下さいね(笑) 




前の記事
塩素チェッカー
次の記事
梅雨のキャンプNew!!