デュタステリドの効果と副作用【医師監修】

 デュタステリド(Dutasteride)は、フィナステリド(Finasteride)やミノキシジル(Minoxidil)と共に代表的なAGA治療薬のひとつです。デュタステリドはフィナステリドと同様に、医師の診察と処方が必要な医薬品となります。本コラムでは、デュタステリドの効果や作用機序、副作用なども含めてご紹介させて頂きますので、参考になりましたら幸いです。

デュタステリドとは

 デュタステリドは、男性型脱毛症の治療に用いられる医薬品であり、プロペシア(フィナステリド)に続いて登場した5α還元酵素(5αリダクターゼ)阻害薬です。デュタステリドも、もともとフィナステリドと同じく前立腺肥大症の治療薬として開発されましたが、その過程でAGAにも効果があることが確認され、現在ではAGA治療薬としても広く使用されています。フィナステリドとの違いは、フィナステリドは5α還元酵素のⅡ型のみに作用するのに対し、デュタステリドは5α還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を阻害する点です。
 日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」においては、ミノキシジル外用薬やフィナステリドとともにA評価(行うよう強く勧める)とされています。なお、女性型脱毛症においてはD評価(行なうべきでない)とされており、適応がありませんのでご注意ください。

デュタステリドの効果

 デュタステリドの効果としてまず挙げられるのが、抜け毛の進行を防ぐ・遅らせるというものです。デュタステリドは、AGAの原因であるジヒドロテストステロン(DHT)を産生する5α還元酵素を阻害してAGAの進行を強力に抑制します。デュタステリドは毛周期の乱れを防ぎ、脱毛の進行を防ぐ・遅らせる働きをします。この効果により、デュタステリドを服用することでDHTによって乱された毛周期による日常的な抜け毛の量が減少し、薄毛の進行を効果的に抑えることが期待できます。さらに、DHTの生成を阻害することは、髪の質を改善する効果にもつながります。AGAの進行によって細く弱くなった髪が、デュタステリドの使用によって太く強くなることが期待できます。ちなみに、これ等の効果は、頭頂部で効果が出やすく、生え際のあたりにはあまり効果が出ないことが多いです。
 デュタステリドは5α還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を阻害するのに対し、フィナステリドは5α還元酵素のⅡ型のみを阻害するため、デュタステリドの方が効果が強いと言えます。ただし、毛根に分布する5α還元酵素の大部分(およそ80%)はⅡ型ですので、Ⅱ型のみ阻害するフィナステリドでも十分効果が期待できます。また、効果が強い分、デュタステリドの方が副作用も若干ですが強く出る可能性があること、また値段も比較的高いことから、まずはフィナステリドから開始して効果が不十分であればデュタステリドに切り替える、というのも良いかもしれません。
 なお、AGAが進行して全く生えなくなってしまった毛根への効果はありませんし、元々生えていなかった部分に新たに髪の毛を生やすという効果もありません。個人差はありますが、あくまでも「今ある髪の毛の維持」が期待できるという点をご理解いただいた上で、ご使用ください。

デュタステリドの作用機序

 デュタステリドの作用機序は、AGAの主な原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制することに基づいています。具体的には、デュタステリドは5α還元酵素という酵素を阻害します。この酵素は、男性ホルモンであるテストステロンをDHTに変換する役割を持ち、DHTは毛包に対して強い作用を持つため、その結果毛周期が乱れて、太く成長しきる前に抜けてまた産毛に生え変わるサイクルに変えられてしまいます。デュタステリドは、5α還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を強力に阻害することで、DHTの生成を効果的に減少させます。特に、頭皮や前立腺に存在する5α還元酵素のⅡ型に対して高い阻害作用を示しますが、フィナステリドではカバーできないⅠ型に対しても作用することで、DHTレベルを大幅に低下させることが期待できます。DHTのレベルが低下することで、毛包への有害な影響(毛周期の乱れ)が減り、毛包が再び正常に機能するようになります。この過程により、既存の髪が太くなり(細くなっていたものを戻す)、抜け毛の進行が抑えられます。
 デュタステリドは、これらの作用を通じて、AGAの進行を効果的に抑え、髪の成長を促進し、全体的な髪の健康を改善する事が期待できます。このように、デュタステリドの作用機序は、AGAの原因物質であるDHTの生成を阻害することを通じて、乱れた毛周期を回復させることにあります。

デュタステリドの使用方法

 デュタステリドを服用する際は、医師に指示された用法・用量を守って服用するようにしましょう。通常、1日1回、0.5mgの錠剤またはカプセルを経口服用します。食事の影響を受けにくいため、食前・食後に関わらず服用することができますが、毎日同じ時間に服用することで、血中濃度を安定させることができます。 個人差はありますが、その効果が現れるまでには基本的に数ヶ月(6ヶ月~)はかかりますので、根気強く継続していきましょう。なお、服用を中止してしまうと効果はリセットされて、服用していなかった状態に戻ってしまいますので、ご注意ください。

デュタステリドの副作用

 デュタステリドを使用した際にはいくつかの副作用が出る可能性があります。ほぼフィナステリドと同じ内容になりますが一般的な副作用は以下の通りです。副作用は必ず全ての方に現れるわけではありませんし、重篤な副作用が現れることは稀ですが、もし以下の症状が出るようであれば医師に相談するようにしましょう。

男性機能の変化

 性欲の低下(リビドー減退)、勃起障害(ED)、射精障害などが起こる場合がございます。デュタステリドはDHTの発生を抑制しますが、DHTは男性ホルモンの一種であり、性的機能を調節する役割を果たしています。そのため、デュタステリドの使用によってDHTの量が低下した場合、性機能に影響を及ぼす可能性があります。

乳房の肥大化や痛み

 ホルモンバランスの変化によって乳房肥大や乳房圧痛など、乳房組織の増殖により女性化乳房の症状が現れる場合があります。非常にまれですので、過度に心配する必要はないかと思います。

アレルギー

 デュタステリドに限らず薬は何でもそうですが、身体に合わないという場合があります。発疹、かゆみ、蕁麻疹、顔面腫脹などの症状が現れることがあります。また、重篤な反応として、呼吸困難や喉頭浮腫などがありますが、非常にまれです。

肝機能障害

 デュタステリドの使用によって肝機能障害が起こることがあります。これには、肝酵素(AST、ALTなど)の上昇や黄疸(皮膚や白目の黄変)、肝不全などが含まれます。これらの症状が現れた場合は、医師に連絡し、詳細な検査や治療を受ける必要があります。

PSAを低下させる

 前立腺癌の腫瘍マーカーであるPSA(前立腺特異抗原)の数値に影響を与えます。内服して数ヶ月して効果が安定してくると、PSAの数値が本来の数値の30~50%減少すると言われています。そのため、デュタステリドを内服している間に人間ドックや健康診断などでPSA測定する場合は、必ず申告していただく必要があります。

経皮的に吸収される

 デュタステリドは経皮的に吸収されますので、触るだけで若干ですが成分が体内に取り込まれます。男性ホルモンに影響を与える薬ですので、胎児や乳幼児が触れると性器の分化に影響を及ぼす可能性があります。ですので妊産婦の女性の方やお子様は直接触れないよう気をつけていただく必要があります。

まとめ

 デュタステリドは、AGAの進行を抑え、発毛を促進する効果があるAGA治療薬です。5α還元酵素のⅠ型とⅡ型の両方を抑制することにより、DHTの生成を減少させ、毛周期の回復が期待できます。しかし、デュタステリドの使用には性機能障害や肝機能障害、乳房肥大などの副作用リスクも伴いますので、使用を検討する際は、専門の医師と十分に相談し、効果や副作用について理解した上で適切に使用することが重要です。また、継続的な使用が求められるため、効果が現れるまでの期間や副作用のリスクを考慮しながら、無理なく治療を続けることが重要となります。
 紀尾井町クリニックでは、ミノキシジル外用薬をはじめとしたAGA治療薬から、自毛植毛まで幅広くAGA治療に対応しております。AGAのお悩みがございましたらお気軽にご相談下さい。

AGA治療・自毛植毛|紀尾井町クリニック 
医師 中島 陽太(国際毛髪外科学会 会員)